「病院で死ぬのはこんなに不幸」・古河市で筋肉を軟らかくして痛みを改善する口コミでおすすめの治療院!!!

総和治療院

0280-98-5006

〒306-0205 茨城県古河市関戸1289-5

[診療時間] 9:00~21:00 最終受付20:00 [休診日] 不定休

「病院で死ぬのはこんなに不幸」・古河市で筋肉を軟らかくして痛みを改善する口コミでおすすめの治療院!!!

ブログ

2019/09/08 「病院で死ぬのはこんなに不幸」・古河市で筋肉を軟らかくして痛みを改善する口コミでおすすめの治療院!!!

おはようございます! 

 

7割の人が自宅で死にたいと思っているのに…! 

8割の人が病院で死ぬ…! 

そして、その選択はあなたと家族に災いと大きな後悔をもたらす…!                   

あばらが折れた苦痛で…! 

ある冬の寒い朝…! 

 

山形県に住む主婦・東由美了さん(仮名、53歳)の義父(82歳)が心筋梗塞で倒れた…! 

突然のことに驚き、慌てて救急車を呼ぶ…! 

7分後に救急車が到着した時には、心臓は停止していた…! 

 

「心臓マッサージを施しますか?」と問われ、東さんは頷いた…! 

救急隊員は心臓マッサージを続けながら、急いで病院へ向かう…! 

10分後、ようやく病院に到着…! 

救命医は、心臓の機能を強化する強心剤を2本と…! 

抗不整脈剤を1本、義父の体に打ち込む…! 

 

そして、意識を戻すために胸部にパッドを当てて、電気ショックを施す…! 

電気ショックの強さは200ジュール…! 

小型の拳銃で撃たれたぐらいの衝撃を受け、患者の体が大きく揺れる…! 

 

それでも意識を取り戻さないため…! 

医師はもう一度、電気ショックを試みる…! 

2発目の「電気の銃弾」が撃ち込まれ…! 

義父の意識は戻ったが、苦悶の表情を浮かべている…! 

 

強い心臓マッサージを施したため…! 

あばら骨が何本か折れているからだろう…! 

口からは生命維持のための管がつながれており…! 

「痛い」と口にすることもできない…! 

 

ただ低音のうめき声だけが漏れる…! 

義父は結局、その2時間後に息絶えてしまった…! 

家族が突然倒れたとき、多くの人が東さんのように反射的に…! 

救急車を呼び、救命措置を依頼するはずだ…! 

 

(「週刊現代」2019年9月7日号より)             

筋肉を軟らかくして血行不良を無くす古河市で口コミでおすすめの治療院、 

総和治療院が血液循環の悪化を防ぎ症状を改善します…! 

 

まずは…お問い合わせください!!

TOP